良い供養をする|家族葬で故人に別れと感謝を伝えよう

多様な葬儀の形式

葬儀

別れの手順

人が亡くなった際に最も良く選択されるお葬式と言えば一般葬です。生野区で一般葬を行う際はまず仕事を依頼する葬儀社を絞り込みます。価格だけでなく、遺族に対する心理的なケアの度合いは業者ごとに異なります。故人が生野区の病院で亡くなった際は、まずご遺体を希望する場所に搬送します。腐敗を防ぐためにも出来るだけ保冷庫のある場所が望ましいですが、自宅へ安置するケースも珍しくありません。その後、葬儀社と共にお葬式に向けた打ち合わせをします。どのようなプランを利用すれば良いのかは、故人の遺言や会葬者の数によって決定しましょう。納棺を済ませた後は通夜を行い、葬儀と告別式に進みます。生野区で葬儀と告別式を省く必要がある際は、直葬を選択します。こうしたケースであれば故人へのお別れは火葬場で行うことになります。またお葬式にあまり時間をかけられないと言う場合、一日葬のように時間を短縮できる形式を選ぶと良いでしょう。故人が社会的に地位のある方の場合、各地から多くの会葬者に足を運んでもらうことになります。そのため大規模な団体葬を行う必要があります。会社に所属している方の団体葬は企業が費用を負担しますので、遺族が支払う必要はありません。生野区でこうしたお葬式を行う際は主催も会社側で行ってもらえます。逆に生野区で家族が故人としっかり別れの時を過ごしたい場合、小規模の家族葬を選択します。家族葬は親族や親友など限定して会葬者を招待しますので、遺族がお客様の対応に追われることがありません。